原創翻譯:龍騰網 http://www.7245883.live 翻譯:chuhao123 轉載請注明出處



【北京時事】中國は27日、昨年12月に全世界を対象にサービスを始めた中國版全地球測位システム(GPS)「北斗」の測位精度が、當初の誤差10メートルから同5メートルに向上したと発表した。

中國27日宣布,號稱中國版GPS的北斗衛星導航系統,去年12月已開始面向全世界提供服務,其定位精度已從當初的10米誤差提高到5米。


今年だけで衛星10基を新たに打ち上げ、システムの中核となる24基の運用が始まったためだ。

中國僅僅今年就新發射了10顆衛星,并開始運行24顆衛星的核心系統。


中國は、米國のGPSに依存しない「軍民共用のインフラ」を目指して1994年に北斗の開発に著手。國內では、列車の運行や船舶の航行、農林漁業などの分野で活用されている。自ら提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」地域を中心に海外でも積極的に採用を呼び掛けており、米國などの警戒を招いている。

中國“軍民共享基礎設施”項目的目標是不依賴美國GPS,從1994年開始著手北斗系統的開發。在國內,該技術被廣泛應用于列車運行、船舶航行、農林漁業等領域。中國還以自己提倡的絲綢之路經濟圈構想中的“一帶一路”地區為中心,積極呼吁海外采用該系統,引起了美國等國的警惕。