日本の「冷やし中華」は中國人ウケしない…?「冷たい麺料理」不人気のワケ

日本的“中華冷面”不受中國人歡迎…?“冷面料理”不受歡迎的理由

そろそろ本格的に「冷やし中華」のシーズンが到來する。
ところで、この冷やし中華、「中華」と名前はついていても、「天津飯」や「エビチリ」同様、“日本発祥”の中華料理である。では、実際に中國では、夏になるとどのような麺料理が食べられているのだろうか。

“中華冷面”的季節馬上就要到來了。
話說回來,這個中華冷面雖然有“中華”的名字,但和“天津飯”和“干燒蝦仁”一樣,是“發源于日本”的中華料理。那么,實際上在中國,夏天吃什么樣的面料理呢?

中國在住20年。上海で外食産業のコンサルティングをしている筆者が考察したいと思う。
中國で冷やし中華は「日式冷麺」
冒頭に述べたように、冷やし中華は、中國の「涼拌面(リャンバンミエン/冷やし混ぜそば)」をベースに考案された、日本発祥の中華料理(日式中華)である。

在中國住了20年的筆者,特意去咨詢了一個在上海從事餐飲業的人。
中國的中華冷面是“日式冷面”
正如本文開頭所述,中華冷面是以中國的“涼拌面”為基礎設計的,發源于日本的中華料理(日式中華)。

従って、もともと中國には存在しなのだが、食の多様化から、夏になると日本料理店で見かけるようになってきた。
また最近、日系のコンビニでは、『日式蕎麥涼面/蕎麥冷やし中華』や、『川香鶏絲涼面/四川風鶏冷やし中華』と銘打ったアレンジ商品も登場している。

因此,原本在中國不存在的中華冷面,隨著飲食的多樣化,到了夏天就在日本料理店出現了。
此外,最近在日系便利店也出現了名為“日式蕎麥面涼面/蕎麥冷面”、“川香雞絲涼面/四川風雞肉涼面”的新式商品。

一方、四川料理や湖南料理といった、流行りのパンチの効いた中華料理に押され、中國で日式中華の人気は総じて高くない。
當然のことだが、日式中華の味付けは、中國人にとっても馴染みがあることが多い。それ故、不味くはないが、インパクトに乏しいと、酷評されてしまう傾向にあるのだ。

另一方面,受川菜、湖南菜等流行的具有沖擊力的中華料理的影響,在中國日式的中華料理人氣總體上不高。
當然,日式中華的味道對中國人來說也有很多熟悉的地方。因此,雖然不難吃,但是缺乏沖擊力,經常被吐槽得很兇。

「冷やし中華」もその例外ではなく、中國では未だマイナーな存在である。因みに、中國で冷やし中華の名稱は、「日式冷麺」。中國人には、日本料理の一つとして認識されている。

“中華冷面”也不例外,在中國還是小規模的存在。順便說一下,在中國,中華冷面的名稱是“日式冷面”。被中國人認為是日本料理之一。


夏の定番は「涼皮(リャンピー)」

夏天必吃菜品是涼皮

中國で、夏を感じる麺料理といえば「涼皮(リャンピー)」ではないだろうか。
日本では、馴染みがない人も多いと思うが、涼皮は、陜西(シャンシー)省発祥の小麥粉や米粉、デンプン等で作られた平打ち麺。実に2000年もの歴史があると言われている。

在中國,說起能感受到夏天的面料理,不就是“涼皮”嗎?
在日本,應該很多人不熟悉,涼皮實際上是由陜西省發祥的用小麥粉、米粉、淀粉等做成的平打面。據說實際上有2000年的歷史。

屋臺でも販売されているB級グルメの定番で、価格は10~20元(150~300円)前後と、非常にリーズナブルだ。
「涼」という文字が入っているが、日本の冷やし中華のように、氷でしめる事はしない。むしろ常溫が基本である。

涼皮是小攤上也有在賣的B級美食,價格在10-20元(150-300日元)左右,非常合理。
雖然加入了“涼”字,但不會像日本的中華冷面那樣,加入冰塊。不如說常溫才是最正常的狀態。

麺の上に、千切りにしたキュウリやニンジン、茹でたモヤシなど、好みの具材をトッピングし、パクチー、唐辛子、生姜、ニンニクといった薬味を加える。最後に醤油やラー油、お酢、胡麻ペーストやピーナッツペーストなどを混合した、特製調味料をかけて完成。

在面上,撒上切成絲的黃瓜、胡蘿卜、煮過的豆芽等喜歡的食材,再加上香菜、辣椒、生姜、大蒜等佐料。最后加上醬油、辣椒油、醋、芝麻醬、花生醬等混合而成的特制調味料就完成了。



中國に「冷たい麺料理」が存在しないワケ

中國為何沒有冷的面料理?

いくつかの理由から、中國では日本のように氷水でしめた、冷たい麺料理が存在しない。
先ずは、「健康的な理由」。
中國人は、習慣として冷たい食品を體に入れることを、あまり好まない。東洋醫學の考え方では、暑い時に體を冷やすためには、冷たいものを食べるのではなく、體を冷やす効果のあるものを食べるというのが、基本なのである。

因為有幾個理由,在中國沒有像日本那樣用冰水包住的冷面料理。
首先是“健康的理由”。
中國人不太喜歡也不習慣把冷的食物直接放進身體里。根據東洋醫學的觀點,熱的時候為了讓身體變涼,不要吃冷的東西,而是吃有降溫效果的東西,這是最基本的。



日本でも、夏に冷たい食べ物を食べすぎるのは、體に良くないという認識が広がりつつある。また最近では、日本國內でも涼皮を食べられる店が増えてきている。
この夏、中國の夏の風物詩、涼皮を試してみてはいかがだろうか。

在日本,越來越多的人認為夏天吃太多冷的食物對身體不好。最近,在日本國內也能吃到涼皮的店增加了。
這個夏天,不妨嘗試一下中國夏天的風物詩——涼皮吧。