先端テック企業に聞く2025年までに世界を変える17の方法|前編

向高科技企業咨詢2025年之前改變世界的17種方法

今後5年間でテクノロジーが世界をどう変えるか、テクノロジー?パイオニア2020選出企業に見解を求めました。
量子コンピューターから、普及が進む5G技術、そして癌の長期コントロールまで、彼らの近未來予測を前編?後編に分けてご紹介します。

技術先鋒2020年評選出的企業希望在今后5年內技術如何改變世界。
從量子計算機到普及的5G技術以及癌癥的長期控制,將他們的近未來預測分為前篇和后篇進行介紹。

1. AIによる製造の最適化

1.AI計算使得制造最優化



2. 広範囲にわたるエネルギートランスフォーメーション

2.廣泛圍的能量傳遞


その関心が政府の政策と行動の変化を促し、カーボンフットプリントにも世界が厳しい目を向けるようになります。個人、企業、そして國家が、カーボンフットプリントを無くす「ネットゼロ」達成のため、最も迅速、かつコストの少ない方法を模索。持続可能なネットゼロの未來が、世界の二酸化炭素排出量を大幅に削減する広範囲のエネルギートランスフォーメーションや、二酸化炭素を回収?利用?除去する大規模な炭素管理産業の誕生により構築されます。あらゆる新しいテクノロジーが世界の二酸化炭素排出量の削減と除去を目指すことで、過去の産業革命やデジタル革命と肩を並べるようなイノベーションの波が生まれるでしょう。

這種興趣促進了政府的政策和行動的變化,世界也開始對碳足跡投以嚴厲的目光。個人、企業以及國家為了達成消除碳足跡的“零排放網絡”,摸索出最快且成本低的方法??沙掷m的零排放網絡,是由大幅度削減世界二氧化碳排放量的大范圍能源轉移和回收、利用、消除二氧化碳的大規模碳管理產業構筑起來的。所有的新技術都以削減和除去世界的二氧化碳排放量為目標,將會產生與過去的產業革命和數字革命并駕齊驅的革新浪潮。

3. コンピューティングの新時代

3.計算的新時代


現在、醫薬品や高機能材料の開発は、作っては試すやり方が主流。何度もやり直すので時間もお金もかかります。製品開発サイクルの短縮と研究開発コスト削減に大幅に貢獻する量子コンピューターは、この狀況をあっという間に一変させるでしょう。

現在,醫藥品和高機能材料的開發,制作一些容易嘗試的方法是主流。因為要重做幾次所以要花時間和金錢。對縮短產品開發周期和削減研究開發成本做出巨大貢獻的量子計算機,在這一情況下很快就會發生變化。

4. 食習慣による予防への醫療のパラダイムシフト

4.飲食習慣預防的醫療范例轉移


2020年のパンデミック後、消費者は基礎的な健康の重要性を意識し、自然な免疫力を高める、より健康的な食べ物をますます求めるようになるでしょう。世界の食品産業は、栄養學へのより深い理解を武器に、理想の健康狀態をサポートするためのさまざまな製品を提供することで、その需要に応えることができます。よりレジリエントな生活のために、ヘルスケア業界は、地球上の植物に関する理解を促進し、持続可能でない犠牲を削減していくために、人々が自分自身の健康をケアすることを奨勵するようになるでしょう。

2020年的流行性瘟疫發生后,消費者會意識到基礎健康的重要性,會越來越追求提高自然免疫力、更健康的食物。世界食品產業可以通過提供各種各樣的產品來滿足人們對營養學的需求,以更深的理解為武器,來支持理想的健康狀態。為了更舒適的生活,保健行業會促進對地球上的植物的理解,減少不可持續的犧牲,鼓勵人們保護自己的健康。

5. 世界経済を強化し、命を救う5G

5.加強世界經濟,拯救生命的5G

アマゾンやインスタカートなどの事業者が、當日配送の需要を満たすことで、配送サービスは瞬く間に急成長しましたが、そのサービスにはまだ限界がありました。しかし、5Gネットワークの普及とそれに直接連攜する自律ボットがあれば、數時間以內に安全に商品を配達することができるようになります。

亞馬遜等商家通過滿足了消費者當日配送的需求,配送服務瞬間急速成長,但服務還存在著局限性。但是,如果有5G網絡的普及和與之直接聯系的自動機器人,那就可以在數小時內安全地配送商品。

Wifiではここまで大容量の需要には対応できません。外出自粛によりビジネスや學校の授業がビデオ會議に移行し、ネットワークの品質の低さが問題になりました。低遅延の5Gネットワークはこの信頼性の問題を解決し、遠隔醫療、遠隔手術、ERサービスなど、より大きな容量が必要なサービスも可能にします。スマートファクトリー、リアルタイムモニタリング、コンテンツ集約型でリアルタイムの処理ができるエッジコンピューティングなど、経済を加速させる技術に企業が移行するコストも相殺できます。5Gのプライベートネットワークはこれらを実現し、モバイルサービス経済を変革します。

Wifi無法應對如此大容量的需求。且由于現在避免外出,商業和學校的授課都轉移到了視頻會議上,網絡質量的低下成了問題。低延遲的5G網絡可以解決這方面的可靠性問題,還可以提供遠程醫療、遠程手術、ER服務等需要較大流量的服務。智能工廠、實時監控、內容集約型、可實時處理的邊緣計算等,企業轉移到加速經濟技術上的成本也可以抵消。5G的私人網絡實現這些,這移動服務經濟的變革。


6. 癌管理のニューノーマル

6.癌癥管理的新常規化

テクノロジーはデータを動かし、データは知識の觸媒となり、知識は力を生み出します。これからの世界では、癌は、他の慢性的な健康異常と同じように管理されることになるでしょう。今後起こることを正確に特定し、それを克服することができるようになります。

科技帶動數據,數據成為知識的媒介,知識產生力量。在今后的世界里,癌癥會和其他慢性健康異常一樣被管理吧。能夠正確地確定今后會發生的事情,并克服它。

つまり、癌管理のニューノーマルです。ゲノム配列解析やリキッドバイオプシーなどの診斷技術が発達し、検査をより簡単に、より高い精度で、そして、理想的にはより手頃なコストで実現。より早期に、予防的なスクリーニングが行えるようになるでしょう。多くの種類の癌の早期発見と介入は、命を救うだけではなく、発見の遅れによる経済的?心理的負擔を軽減します。

也就是說,癌癥管理可以實現常規化?;蚪M陣列分析和液體生物篩等診斷技術發達,檢查更簡單,更高精度,并且,將可能以更合適的成本實現。也許可以更早地進行預防性的篩選吧。很多種類癌癥的早期發現和介入,不僅可以拯救生命,還可以減輕因發現的延遲而造成的經濟和心理負擔。


7. 小売におけるロボット応用

7.零售機器人應用

ロボット工學はこれまで多くの産業で活躍してきましたが、食料品販売などいくつかの分野はほとんど手付かずのままでした?!弗蕙ぅ恁榨毳榨%毳幞螗取工群簸肖欷胄陇郡圣恁堀氓趣位钣盲摔瑜?、食料品小売分野はその姿をがらりと変えるでしょう。サプライチェーンの上流でロボットを使っていた従來の方式とは対照的に、「ハイパーローカル」レベルの下流でロボットを使うことで、この100年の歴史を持つ5兆ドル規模の産業は一変、あらゆるステークホルダーが大きな変化を経験することになります。小売業者が何倍もの生産性で事業を展開するようになることで、オンラインの食料品販売ビジネスにも今はない前向きで魅力的なリターンがもたらされます。

機器人工程學至今為止在很多產業中都很活躍,但是食品銷售等幾個領域幾乎沒有著手。通過活用一個被稱為“Microful fillment”的新機器人,食品零售領域將煥然一新。與在供應鏈上游使用機器人的傳統方式相反,在“超級本地”水平的下游使用機器人,將會使這一擁有100年歷史、5兆美元規模的產業發生巨大變化,所有的利益相關者都會經歷巨大的變化。零售業者將以好幾倍的生產性開展事業,在線食品銷售業務也將帶來前所未有的積極而有魅力的回報。

このテクノロジーはまた、食品へのアクセスの間口を広げ、スピード、在庫狀況、そして価格と、消費者への提案を全體的に改良します。マイクロフルフィルメントセンターは既存の(典型的には生産性の低い)店舗レベルの場所にも置くことができ、実店舗に比べ運営費を5~10%節約できます。オンライン化の価値は、小売業者と消費者雙方に等しくもたらされると私たちは予測しています。

該技術還將擴大對食品的訪問范圍,對速度、庫存狀況、價格和消費者的提案進行整體改良。該機器人的中心也可以放在現有的(典型的低生產性)店鋪級別的地方,與實際店鋪相比可以節省5~10%的運營費。我們預測在線化的價值將平等地帶給零售商和消費者。

8.物理空間と仮想空間の曖昧化

8.物理空間和虛擬空間的模糊化


しかし、これらのサービスはただ提供するだけでは不十分。消費者から信頼を得るためには、データプライバシーを最優先に考えなければなりません。新型コロナウイルスのパンデミックが始まった當初、ニュースではビデオ會議を提供する企業のセキュリティに対する懸念が多く取り上げられました。この懸念は解消したわけではありません。デジタルコネクティビティが進歩する中、いかなるサービスも、完全な透明性とデータの制御を欠いたものをユーザーに提供することは許されなくなっています。

但是,這些服務僅僅提供出來是不夠的。為了得到消費者的信賴,必須優先考慮數據隱私。新冠病毒開始流行的最初,在新聞中,對提供視頻會議的企業的安全性提出了很多擔憂。這個擔心并沒有消除。在數字連接的進步中,任何服務都不允許向用戶提供完全的透明xing和缺乏數據控制的服務。

9. 醫療機関中心から個人中心の醫療へ

9.從醫療機構中心到以個人為中心的醫療

2025年までに、文化、IT、健康の各分野の境界線が曖昧化されていくでしょう。エンジニアリング?バイオロジー、機械學習、シェアリングエコノミーが醫療體制を分散化する枠組みを構築し、醫療機関から個人へ移行させていきます。

到2025年為止,文化、IT、健康各個領域的界限將會變得模糊吧。工程生態學、機械學習、共享經濟將會把醫療體制分散并重新構造,從醫療機關向個人轉移。

これを後押しにするのは、AIの進化と新しいサプライチェーンのメカニズムであり、それにはエンジニアリング?バイオロジーによって世界中のあらゆる場所にいる個人にシンプルかつ低コストの検査を提供、リアルタイムの患者データを手に入れることが必要です。結果、最も重癥のケースのみがその一歩先の治療を必要とするようになり、感染癥などの急性疾患における罹患率、死亡率、治療費は減少。入院を要する感染者が減り、疫學は劇的に変化し、醫療システムへの負擔は軽減されます。そして、診斷の低廉化により費用と権限が個人に移行することで、コスト削減と治療の質向上が同時にもたらされ、治療の費用効率も高まります。

以此為后盾的是AI的進化和新供應鏈的機制,必須通過工程生態學向世界各地的個人提供簡單且低成本的檢查,獲得患者的實時數據??梢灶A想的結果是,我們只需要在最嚴重的病例發生前,提前一步治療,感染癥等急性疾病的患病率、死亡率、治療費用將會減少。需要住院的感染者減少,流行病學戲劇性地變化,對醫療系統的負擔被減輕。而且,由于診斷的低廉化,費用和權限轉移到個人身上,同時降低了成本并提高治療質量,提高治療費用效率。