安倍晉三首相は28日、記者會見し、辭任する意向を明らかにした。持病である潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)が再発したことを説明したうえで「國民の負託に自信をもって応えられる狀態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判斷した。総理大臣の職を辭することといたします」と述べた。

安倍晉三首相28日召開記者招待會,明確了辭職的意向。在說明了老病潰瘍性大腸炎復發的情況后,他說:“既然沒有對國民的托付充滿自信的狀態,就不應該繼續處于總理大臣的位置。所以我將辭去總理大臣的職務”。

安倍首相は、第一次政権(2006~07年)時代にも潰瘍性大腸炎の悪化などにより退陣した。
會見で安倍首相は新しい薬の効果により「この8年近くの間しっかりと持病をコントロールしながら、なんら支障なく、総理大臣の仕事に毎日、日々全力投球することができた」と説明。しかし、今年6月の定期健診で再発の兆候が見られると指摘されたという。

安倍首相在第一次政權(2006~2007年)時期也因潰瘍性大腸炎惡化而辭職。
在記者會上,安倍首相表示,由于新藥的效果,“這8年以來,我會好好控制自己的老毛病的同時,每天都保證毫無障礙地為總理大臣的工作全力以赴?!钡?,據說今年6月的定期體檢中發現了復發的征兆。

安倍首相は、「薬を使って職務をあたってきたが、先月中頃から體調に異変が生じ、體力をかなり消耗する狀況となった。8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認された?,F在の薬に加えてさらに新しい薬の投與をすることにした。今週初めの再検診で、投薬の効果があることが確認されたものの、投薬の継続的な処方が必要であり、余談を許さない(狀態だ)」と語った。

安倍首相說,“雖然我一直使用藥物來保證正常工作,但從上個月中旬開始身體狀況發生了異常,體力消耗很大。8月上旬確認潰瘍性大腸炎再次發作。除了現在的藥之外,還決定使用新的藥。本周初的再次檢查中,雖然確認了吃藥后有效果,但醫生還是建議我需要持續用藥,不能開玩笑”。


「連続」「通算」ともに在任期間最長

連續在任和總計在任都是最長的